ストレス社会と心の病

カウンセリング

現在に見られる心の特徴

現在の社会は、ストレス社会とも言われ、潜在的にうつ病になりやすい環境下にあります。そのため、自分で出来る内容として、うつ病のチェックについて押さえておかなければならないでしょう。チェックのポイントは、二つの視点から考えなければなりません。一つは、自身で把握しやすい内容です。例えば、食欲を失う内容、朝、目覚めた後、行動を起こしたく無い内容などが挙げられるはずです。もう一つは、自身を客観的に見た視点です。このうつ病のチャックポイントは、自覚が現れにくく、客観的に自身を把握する癖を身に付けなければなりません。例えば、言葉に覇気が無い様子、人を避けたい仕草などは、第三者から指摘されなければ気づかない場合もあるはずです。うつ病は、新たな変化のある刺激に出会った場合などに、生じやすくなります。新たな環境が、自身の心に適応できず、心に歪みが現れやすくなるためです。例えば、親族との死別、会社の入社や転職、引っ越しなども挙げられるでしょう。うつ病のチェックは、新たな環境の変化が現れた時に行うのもポイントの一つです。なぜ、現在は、ストレスを抱えやすい社会なのでしょうか。絶対的な答えはありませんが、一つの要因として、学校で教わる教育内容に原因もあるはずです。人の目的には、二つの目的設定が存在します。この目的は、凹凸で表せる場合もあり、穴を埋める目的なのか、凸の様に自身を伸ばす目的なのかの違いです。凹の目的は、穴を埋めなければ、心は満たされず、不安定な気持ちも高まりやすくなるでしょう。社会の多くは、自身の成長を伸ばすのでは無く、穴を埋める気持ちも強いはずです。うつ病のチェックは、穴を埋められないストレスなども参考に出来ます。学校内で教わった学習内容の多くは、既に答えが存在する内容ばかりだったはずです。ただし、社会の多くは、絶対的な答えは存在しなく、自ら答えを求めなければなりません。答えが見つからない中で、ストレスを生じやすく、うつ病を患いやすい時代でもあるでしょう。抱えている問題を放棄したい強い気持ちは、チェックする重要ポイントです。最悪の場合、自ら命を絶つ気持ちへと変化してしまう可能性もあります。

Copyright© 2018 うつ病かもと感じたら【画像診断を組み合わせてチェック】 All Rights Reserved.